sincerely(親愛なる)照明と家具の話。

sincerely3.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 29日

Straw pan Basket

c0362506_18152450.jpg
ブルキナファソ(水草)でつくられたプレーンな印象のバスケット。
c0362506_18154080.jpg
深みも大きさもスリッパやショール、雑誌などを入れておくのに丁度いいサイズです。
c0362506_18155758.jpg
水草でしっかりと細部に編み込まれてます。
プレーンなものだからこそいろんな空間と調和する魅力があるんですね。
c0362506_18161179.jpg



[PR]

by sincerely0313 | 2016-06-29 18:22 | Comments(0)
2016年 06月 29日

猫カゴ?

c0362506_15090898.jpg
藤でしっかりと編み上げられたぷっくりとした猫カゴです。
この入り口からひょっこり顔を出す所をイメージすると当然ですが猫好きにはたまらない光景。

c0362506_15092761.jpg
生産国のマリでは実際は猫ではなく、市場などで売られている生きた鶏などを入れるカゴとのこと。
しつこいですが、実にしっかりとしたつくりです。
藤なので長年使えば味わいが出てきそう。
c0362506_15094234.jpg
持ち運ぶときに便利でありながら、ちょっとしたデザインのポイントとなっているハンドル。
c0362506_15110471.jpg




[PR]

by sincerely0313 | 2016-06-29 15:58 | Comments(0)
2016年 06月 26日

Polo chair

c0362506_17570389.jpg
イギリス人デザイナー、ロビンデイが野外向けに生み出した1脚です。
素材はポリプロピレンで作られており、お尻周りが落ち着いて座り心地がとてもいいんです。
上から横に四ヶ所の穴が大中小と空いており、機能性を兼ねたものですが愛嬌があると思いませんか?
ダイニングやデスク用のチェアとしてもおススメしたいデザインです。


[PR]

by sincerely0313 | 2016-06-26 18:10 | Comments(0)
2016年 06月 12日

MUG

c0362506_14095094.jpeg

マグという名前ですが冷たい飲み物を入れたり、カトラリー立てとしてなど様々な用途にお使いいただけます。
取っ手のないマグカップはマットな質感と途中の段差により持ちやすくなっています。
スタッキングもできて収納の場所を取りません。普段使いにおすすめです。

c0362506_14255429.jpeg
c0362506_14261372.jpeg
c0362506_14263980.jpeg
c0362506_14265155.jpeg






[PR]

by sincerely0313 | 2016-06-12 14:27 | Comments(0)
2016年 06月 10日

冷酒の季節。

c0362506_11470059.jpeg
オープン以来照明と家具と合わせてARITA1616(有田焼き)を提案し続けてます。
照明、家具と比べますと格段と買い易いもの。
でも同じくらい手元にあったら豊かにしてくれる大切なもの。
毎日、日常的なものには同じくらいの価値があると信じてます。

夏を前にARITA1616からカラーポーセリンが届きました。
諸々沢山届きましたがまずはエスプレッソマグです。
当店のお客さんは酒好きが多かったりするので冷酒用としても”おすすめ”になります。
おちょこのような大きさと有田焼きらしいさらっとした手触り感
カラフルな、でも大人らしい色と色のグラデーション。

1日の仕事終わり、自宅でご飯食べて〆の一酒のお供に。
1日1日、ちょっとずつ大切な物を見極めて日常に取り込めるなんて幸せですね。

はい
うん
ほんと日常使い、はたまた贈り物にも絶妙です。

1,600YEN~1,800YEN(+TAX)
c0362506_11483901.jpeg
c0362506_11485453.jpeg
c0362506_11490888.jpeg
c0362506_11493292.jpeg





[PR]

by sincerely0313 | 2016-06-10 13:36 | Comments(0)
2016年 06月 06日

凸Lamp M30は意外も何もセクシーって話。

c0362506_16365132.jpg
すっと天井から伸びた黒いコードも当たり前のようなパーツとしてではなく、
やはりひとつのデザインとしても兼ね揃えた雰囲気を醸し出している。
今まで天井から適当に吊り下げていたペンダントランプという概念を少し打ち消して頂き、
適正な設置位置や広さにあった明るさ(W数)によって心地よい灯りに変えられることを知って頂きたい。
そうすれば、スチールでできた一見無垢な表情と捉えられがちな凸Lampもセクシーな照明なんだと分かってもらえるはず。


[PR]

by sincerely0313 | 2016-06-06 16:44 | Comments(0)